面接試験では信頼感を得ることが重要

就職試験の採用担当者は、1日に数十人もの学生と面接をします。

就職面接で人間性をアピールするには

面接試験では信頼感を得ることが重要 就職試験の採用担当者は、1日に数十人もの学生と面接をします。なので、1人にたくさん時間をかけるわけにはいきません。だいたいですが、1人15分から20分程度です。この短い時間の中で、採用担当者は学生のどう言うところを見極めているのでしょうか、採用担当者が見るのは人間性です。能力や知識などは、筆記試験である程度分かります。と言うか、新卒者の場合、入社してから能力をつけてもらえばいいと考えているので、能力や知識を見極めることに心血を注ぐわけではありません。人間性を見るのに必死になっています。

なので、面接では短時間で人間性をアピールしなくてはいけません。しかし、どうすればアピールすることができるのか分からないと言う学生は多いです。ポイントになるのは、第一印象です。明るさと清潔感、そして健康的な感じを全面に出すように心がけましょう。人間性と言うと、内面と言うイメージがありますが、わずか15分程度で内面を理解してもらうのは難しいです。しかし、好印象を与えることはそこまで難しくはありません。髪の毛をきちんと整える、乱れた服装をしないと言うのは基本中の基本で、これらを守れば採用担当者に短時間で好印象を与えることができます。

Copyright (C)2020面接試験では信頼感を得ることが重要.All rights reserved.