面接試験では信頼感を得ることが重要

面接の中でももっとも厄介なのは、圧迫面接になります。

圧迫面接に遭遇した時の対処法

面接試験では信頼感を得ることが重要 面接の中でももっとも厄介なのは、圧迫面接になります。圧迫面接はわざと応募した人材を逆上させて、どのような考えや本心を持っているのか見抜く面接でもあります。現在では圧迫面接を実施する会社がかなり減ってきており、一般的な面接を実施してくれる会社がほとんどです。しかし中には以前から圧迫面接を実施してくる会社も存在しているので、対策を行わないといけないです。

圧迫面接の特徴としては、こちらが対応した答えに関して、否定する事がほとんどです。ここで逆上してしまうのではなく、あえて冷静に判断する事が求められてきます。ここでイライラしてしまったり、怒ってしまう事で冷静な判断を実施する事ができなくなるので、くれぐれも注意してもらいたいです。

現在圧迫面接を実施してくる会社は減ってきており、今後も減ってくる可能性が非常に高いです。そもそもわざと面接時にイライラさせるような発言をさせる事で、その人の本質を見抜こうとしている姿勢が間違っているからです。面接官や応募者どちらにも後味が悪い結果になってしまいます。応募者としても内定を貰う事ができても、入社してもらえる可能性が著しく減ってしまうので、現在では圧迫面接を実施する会社が極端に減ってきています。

Copyright (C)2020面接試験では信頼感を得ることが重要.All rights reserved.